間取りを決めるには自分のこだわりを把握することが大切

注文住宅の間取りを決めるポイントで最も重要なのは、自分のこだわりがどこにあるかをしっかりと把握することです。「なんとなくこんな間取りが好き」という曖昧な感想ではなく、具体的にイメージできなければなりません。具体的にイメージするためには、まず実際の間取りをチェックして、その中から自分好みの間取りをピックアップしていくことが大切です。ハウスメーカーなどの間取り図や、サンプル住宅をみて、自分が好きなポイントを探しましょう。 その中から、気に入った部分を取り上げ、理想の間取りをイメージしていきます。そして、採用したい間取りを、注文住宅を作る際に取り入れます。なお、間取りを1人で決めようとしても、なかなか使い勝手のよいものに仕上がりません。一緒に住む家族がいるなら、その意見も参考にしてみるとよいでしょう。

間取りの作成には専門家の意見が重要

あなたのこだわりの間取りができても、それがそのまま住宅の設計図になるわけではありません。動線などの使い勝手を検討する必要があるからです。ハウスメーカーや工務店に、こだわりの間取りがどのようなものか、その要望を伝えて、手直しをしてもらいましょう。要望にそえる範囲で、最適なプランが提示されるはずです。また、この提案は1つハウスメーカーに限らず、いくつものメーカーに出すとよいでしょう。

ハウスメーカーや工務店によって、それぞれに違ったプランが提示されます。そのアイデアを比較して、自分にとって最適なプランを選ぶとよいでしょう。その中で、自分好みの会社が見つかったなら住宅の作成依頼を出します。そして、さらに間取りについて打ち合わせを重ねるとよいでしょう。

一戸建てには、アパートやマンションのように、壁一枚を隔てた隣人がいません。そのため、プライバシーが守られている感覚が高まる傾向にあります。